PR

ミニファミコンの映像をiPadminiに映して遊ぶ

ミニファミコン Game
記事内に広告が含まれています。

今回はミニファミコン(ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータ)の映像をiPad miniに映して遊んでみました

ミニファミコンの映像をiPad miniに映して遊べます

結論から言うと遊べます!

具体的なやり方は以下に記載します

良い時代になったものです

↓イメージ図(配線カオスですみません、&スーパーマリオの画像が乱れているのは、丁度タイトル画面で時間経過してマリオが動き出してしまったためです(汗)実際はキレイに映ります)

スーパーマリオ

使ったもの

  • iPad mini (iPadOS 17以上)
  • ミニファミコン
  • ビデオ キャプチャカード(HDMI to USB-Cのもの)
  • UVC対応アプリ

ビデオキャプチャカード

今回使ったビデオキャプチャカードはこれです
お値段も安いので遊ぶには丁度良さそうです
(購入時時点で約2200円くらいでした)

UVC対応アプリ

UVC対応アプリは色々あるようですが、今回使ったのは Dongled というアプリです
現時点で無料です

‎Dongled
‎Dongled: Seamless USB-C HDMI Video Streaming using UVC IMPORTANT: Dongled requires a USB-C enabled device and UVC captu...

以前は出来なかったみたい

以前はこのような接続方法は出来なかったようですが、iPadOS 17 からUVC(USB Video Class)という機能が追加されて出来るようになったようです

接続方法

  • まずミニファミコンを用意します
  • ミニファミコンに電源コードを接続します
  • ミニファミコンのHDMI出力をビデオキャプチャカードのHDMI側と接続
  • ビデオキャプチャカードのUSC-C側をiPadに接続
  • iPadでDongledを起動
Dongled
Dongledをポチっと起動します
Dongled
起動するとこんな画面になります
Dongled
起動してしばらく入力信号がないとこんな画面になります
  • ミニファミコンの電源ON
ミニファミコン

ミニファミコンの画像がiPad miniに表示されました!
もちろん音も鳴ります!

遅延について

初めて使った時、一瞬違和感を感じましたがすぐに慣れるレベルでした

実際に少しプレイしてみましたが、ファミコンのゲームでは問題とはならないかと思います

もっと高級なビデオキャプチャカードを使えば変わるのかもしれませんが、値段相応かなと思います

遊ぶ

おっと!これは懐かしくてついつい遊んでしまいますっ

昔スーパーマリオやりまくってました
ダブルドラゴン
爆魔龍神脚ムズッ、龍尾嵐風脚はそこそこ出せました

注意点

今回行った方法では、iPadに電源が供給出来ていない状態になります

よって事前にiPadの充電をしておく必要があります

うまくHUBみたいのを使えば解決できるかもしれません

応用編?

今回はゲーム用途で使いましたが、iPadをサブディスプレイにするなどいろんな使い方が出来そうです

コメント

タイトルとURLをコピーしました